BLOG ブログ
ブログ
ブログ

毎日の食生活を見直して腸内環境を整える

みなさん、おはようございます!

9月に入りました。8月は酷暑が続きましたが、皆さん体調など崩していませんか?

FRESH&Co.でも8月に体調を崩したメンバーも出て、改めて自分のカラダを知るということの大切さを実感しました。

最近は、夏バテより秋バテと言われています。

秋に夏の疲れが出ないよう、ご自愛くださいね。

これまで腸内環境を整えるために食物繊維をたくさん摂る、自律神経を整える、などのお話をしてきましたが、腸内環境を改善するうえで重要なのが、やっぱり腸内細菌。

腸内細菌の役割は、栄養物質を作ったり、免疫細胞を活性化するというもの。

腸内細菌は糖尿病や光家悦圧、高脂血症などの成人病に大きな影響を与えます。

健康を維持するためには、腸内細菌の力を借りて腸内環境を良いモノにしていくことが必須なのです。

腸内細菌の数は、種類だけで約1,000種類で、個数にすると100兆個以上!

顕微鏡で見ると、まるで植物がたくさん生えているお花畑のように見えることから「腸内フローラ」とも呼ばれています。

腸内環境は、実は遺伝的な影響を受けません。

つまり、親が良い腸内環境だからといって、その子どもが良い腸内環境を受け継ぐというわけではないのです。

では、何が腸内環境の良し悪しを決めるのか?

それは、本人の食生活などの後天的な環境です。

本人が良い腸内環境を作ろうと思って食生活を改善すれば、腸内環境は良いものになっていきます。

腸内環境を整えるために重要なのは、食生活の見直しなのです。

食生活は毎日のこと。

「忙しいから」「太っちゃうから」という理由で、3食きちんと摂っている現代人の方が少ないように感じます。

でも「忙しい」ことは健康を害する理由にはなりません。

むしろ、忙しいからこそ、カラダをケアして食生活を見直すことが大切です。

まずは腸内環境から見直して、カラダを整えて毎日を過ごすことから始めませんか♫

FRESH&Co.